AX

下準備と交渉方法

車を売る下準備と交渉方法について

どうせ売るなら車を高く売りたい、ということで私が事前に準備した事と交渉の体験談になります。

 

まず最初に行ったことは、エンジンルームと足回り、下回りの清掃そしてオイルの給油です。
清掃については洗車場には大抵スチーム洗浄が付いていますので、それで直接洗い流してしまってください。
オイル汚れ、にじみ、漏れは査定減のきっかけになりかねません。

 

また、エンジンルームから見えるオイルタンクがLowに近いものがあれば安い物でいいので継ぎ足し給油しておきましょう。
私はパワーステアリングのオイルが洩れていたので清掃・給油しておきました。

 

また中古査定に置いて、旧型のカセットオーディオでも最新のナビでも、査定基準という意味においては金額に差はありません、センターコンソールに穴が開いていない事、オーディオ機器が付いている事のみが査定基準です。
もちろん最新ナビであれば多少の加点はつくかもしれませんが、外してオークションにでもかけてしまった方が数倍~数十倍で売れたります。
余談ですが、中古買取車や下取り車にいいナビが付いていたりすると従業員が自分の物と交換したりすることもあります。(実話)

 

 

中古車買取のおすすめは一括査定を利用すること

中古車買取のおすすめは、第一に最近ネットでよく見かける一括査定依頼等は出すのも1つの手です。
括査定依頼で来ていただいた最初の5社はほとんど似たような金額であることもあります。
結局、そのうち1社に決定しました。

 

実際の査定時の交渉については、まず思ったほど値が出ていないな等と感じたら「赤本見せてよ」と言ってみましょう。
持ってませんとかありません、独自査定なので参考にしていません。と言われたらお断りしてもいいかもしれません。
赤本とは中古市場の買取価格参考一覧みたいなものです。
それが一種の指標となっています。
私が売却した車両で赤本に載っていた金額は35万でした。

 

ですが、最初によんだ業者はほとんどが20~25万の提示で、赤本を見せてくれた業者も「いやー参考資料ですからこれで売れる事なんてまずありませんよ」と言ってくれました。

 

 

その後、個別で業者を呼んだのですが、個別で呼ぶ際に確認できるのであれば、その中古車屋の販売車両ラインナップを見ると業者の選定が楽になります。
VIPカーを売りたい時に軽トラや軽自動車メインで扱っている業者ではいい値が付きにくかったりします。
(販売できるルートや目安がない)
決定した業者の時は、査定士の方から赤本を提示してきたうえで、赤本を上回る43万を提示してくれたためほぼ即断で決定いたしました。

 

最初に一括で呼んだ業者さんに売っていれば23~17万の損をしていたことになります。
同じような金額を提示されるとそれが相場だと思い込んでしまうため、まず赤本を基に一緒に話をしてみるといいと思います。

 

最後に完全に余談となりますが、購入したディーラーの営業さんに上記の話をしたところ、うちで下取りしたら20も付けなかったですよ、と満面の笑みで言われてしまいました。

 


下準備と交渉方法

カーセンサー.net簡単ネット査定

中古車情報誌『カーセンサー』(リクルート)が運営するクルマ総合情報サイト。
中古車情報は日本一で車買取業者の加盟数が最大でおすすめです。
公式サイトは↓をクリックしてください。
http://kaitori.carsensor.net/