AX

客としての信用も大事

売り屋の信用も大事だけれど、客としての信用も大事

自動車って、やはり大きな買い物ですよね。
その買い方、そして自分が中古車を手放す時のコツを少しご紹介したいと思います。

 

まず、新車を購入する場合です。
買いたい車種を絞ってあることを前提に話を進めて行きます。

 

新車の取扱いディーラーで買うのであれば、決算期にオーダーをするのが一番おトク感を得られるかと思います。
同じ車種でも取り扱う店舗って、幾つかありますね。
たとえば、それが同じ会社の別の営業所の場合、相見積もりは3枚までにしてください。

 

それ以上の見積もりをしても、結局買う気があるのかないのか、冷やかしじゃないのかと、お客としての信用を落とすだけです。
同じ会社の別営業マンというのは、相見積もりを出された時の競合相手としても3名ほどが丁度良い数なのです。

 

そして、値引き交渉ですが、あらかじめお客は車両と付属品の価格を下調べしておくべきです。
新車の価格表示には『車両本体価格』と『店頭渡し価格』というのが有り、一般に売り屋の立場の人は店頭渡し金額から値引きするほうが都合良いのです。

 

 

これは何故かというと、店頭渡し価格というのは、付属品も装備した状態で引き渡しますよ、ということですね。
付属品……、たとえば後付けのオーディオやサイドバイザー、ナンバーフレームなど細かなものまで挙げたらキリがありませんが、これらは夫々に部品値引きという扱いもあり、ディーラーの拠点単位で仕入れて値引き額もある程度調整可能なのです。

 

たとえば200万円の予算で新車を購入する予定とします。
この時、20万円値引きしますと言われても、実質的には付属品も込みの店頭渡し価格からのグロス値引きということになります。
車両本体から20万円引いてもらったのではないということを頭に入れて、事前の価格調査を行ってください。

 

見積もりを取る際に、本体からの値引きと部品値引きをしたモノが安いのか、それとも店頭渡し金額から値引きしてもらうほうが安く買えるのか、立ち止まって考えると余計な出費が抑えられますね。

 

 

自分の乗っていた中古車を売る際ですが、買い取りオンリーの中古車屋に見積もりを出してもらってください。
そのうえで、新車購入予定のディーラーに下取り車を入庫する場合の見積もりも出してもらってください。

 

売りたい車の年式にもよりますが、おそらく代替え車両として新車を購入するのであれば、ディーラーの営業マンに話をつけるほうが条件は良くなるでしょう。

 

中古車を手放すユーザーとしての最低限のエチケットとして、車の室内は綺麗に掃除しておくこと。
外観が汚ければ、それだけでマイナス査定のポイントになりますからね。

 


客としての信用も大事

カーセンサー.net簡単ネット査定

中古車情報誌『カーセンサー』(リクルート)が運営するクルマ総合情報サイト。
中古車情報は日本一で車買取業者の加盟数が最大でおすすめです。
公式サイトは↓をクリックしてください。
http://kaitori.carsensor.net/